ついに動物対話をした、夢の中で。
相手はなんとあの気位の高いミケラン。

ミ「ミケランって嫌よね。ご飯くれる時さ・・・」
ミケランは、いつもご飯をくれるおばさんのことをミケランという名前だと思っている。
私「ミケランってあなたの名前よ」
ミ「えっ、そうなの?」
私「(あなたの子供の)ウシモカって可愛い子だよね」
ミ「そうね、あの子はいいこ。だけどノラネコを家の子にするっていろいろ大変よ」

なんていう、はっきりした会話が続いた。
動物対話士ってこんな感じで、動物たちとお話するのかな?

翌朝、ここ数日見かけなかったミケランが庭にいた。
だから、夢の中でお話しできたことのお礼と楽しかったことを告げると、いつもは声を出すこともないミケランが「みゃ〜」と言った。
やはり。

カテゴリー:庭に来る動物たち