Monthly Archives: 6月 2018

ブルーノの回復記録

2018-06-26(火)

ブルーノ一ヶ月ぶり4回目の病院へ。


これはちょうど一ヶ月くらい前の6月1日のブルーノ。
生後2ヶ月。ほんとうだったら、羽根も生えそろい飛び回っている頃。
でもブルーノはPBFDという病気のため、風切り羽根もなく、尾羽もない状態。
ボディの羽もダウンがなんとか生えている状態。


こちらは一ヶ月後の6月30日のブルーノ。
すべての羽が生えてきている。

いつも診てもらっている先生が、ブルーノを見た瞬間言葉を失っていた。
「これがあのこ?こんなことってあるんだ!?」
って、ブルーノの羽の回復にすごく驚いてた。

PBFDで羽があれだけ落ちてしまった状態から、ここまで生えてきたのを今まで見たことないそうだ。

奇跡的な回復をしているブルーノ。ブルーノはやがて普通の鳥のように飛べるようになるだろう。

初代デザイン

2018-06-16(土)

「Mother earth」


モミ
赤ちゃんを運ぶコウノトリは、モミに巣を作るといわれている。またギリシャ神話では、出産の女神に捧げられている樹。
リンゴ
「絶対的な愛の象徴」リンゴ。秋が来て真っ赤になったその実の中には5つの星型が秘められている。
ポプラ
どんなひそやかな風にも葉をゆらすポプラ。風が届けるメッセージは天からの贈り物。
トネリコ
古代ケルトでは「生命の輪廻」のシンボルであり、天と地をつなぐ宇宙を司る樹。
ボダイジュ
釈迦が悟りをひらいたのは、インドボダイジュの樹の下。夫婦愛のシンボルでもある。
出演
アヒル、ダチョウ、リンゴの樹、ゾウの親子、妊婦、モミの樹、小鳥、ネコの親子、ポプラの樹、犬、トネリコの樹、キリン、ウシ、ボダイジュ、ヒヨドリ、赤ちゃん、日本列島、海、地球、助産師の手

BSケアOKINAWA&九州のTシャツ

2018-06-15(金)

今日から沖縄で始まる助産師さんたちの勉強会「BSケア九州&OKINAWA」。
参加者のお揃いTシャツをコトリ工房おなじみの「All is one.」の柄で作りました。
色は、沖縄の海を思わせるターコイズブルー。

「All is one.」の元になるデザイン「Mother Earth」が誕生したのが2010年。
助産師のかおりんからの依頼で、助産師さんの思いとともに作ったデザイン。

赤ちゃんが育まれる子宮と生命が育まれる地球、羊水と海、そこに生きる生きものたち。
お母さんと赤ちゃんのこの世でのスタートを支える助産師さんの手。

それから沖縄に引っ越して来て、2012年に琉球バージョンが生まれました。
そして今回、このデザインをこよなく愛してくれる助産師まりさんの希望で、たくさんの助産師さんたちが着てくれるTシャツが完成!右袖には「BSケアOKINAWA&九州」のロゴ。

技術向上のために沖縄にはるばるやってくる助産師さんたちが、ターコイズブルーの海に見守られていい時間が過ごせますように。

マルシェバッグをつくる

2018-06-14(木)

助産師まりさんへのプレゼントのためにたった1枚作ったマルシェバッグ。
柄は6年前に誕生した「All is one.」。
プリントはいつものシルクスクリーン印刷なんだけど、デニムの生地とバッグの形と柄がマッチしていて、いい感じに仕上がってきた。

自分もほしいなってことで、オリジナルマルシェバッグを商品にすることにしました。
Tシャツもデニム色で作ろうかな。

羽の変化 その1

2018-06-07(木)

なんとなく白いフワフワした羽が増えてきたような気がして

地肌が見えていたところにやがて白い綿毛が生えてきて

やがて、白い綿毛の上に、水色のつんつんした筆毛が生まれた。

PBFDの子は、羽が生えては途中で抜けるを繰り返すことが多いというが、それは体がウイルスを排出しようとしてのことだから、栄養をたっぷりとって、肝臓の力をつけていくのがいいそうだ。

食べたものがブルーノの体をつくる

2018-06-01(金)

ブルーノはなんでも美味しそうに食べるから、それにとっても安心する。

この病気の特効薬がないというならば、自然の力を借りるしかない。
外国は鳥さんの病気に、ハーブ療法などもあるそうだ。
ブルーノに良さそうなものを、ドイツとアメリカの専門店に注文した。

そして、いつも私たちが飲んでいるハーブティーに加え、ブルーノ用のハーブをkahoriに送ってもらった。


感染症に有効なタイム。抗真菌薬を飲んでいる時のサポートとしてローズヒップ。
まだ到着していないけれど、肝臓にいいミルクシスル。
かおるさんのハーブならば相当質がいいはずだから。
ブルーノがハーブを食べると、いい香りがしてきて、私までアロマ効果。


こちらは肝臓を強くすると言う北米産無農薬粟穂。
すごく美味しいようでたくさん食べる。


もう終わりだけど、栄養たっぷりのさし餌も一ヶ月食べてくれた。
小鳥屋で粟玉だけ食べていたことと比べたら、雲泥の差だね。