Daily Archives: 2018年3月14日

ミケランとウシモカ

2018-03-14(水)

ある日、時々庭に遊びにくるミケランが息子のウシモカを連れてきた。
ウシモカは人間が怖いみたいで、ごはんが食べたいけれど、動きを止めることができず行ったり来たりしていた。そのうち、ミケランが来ない時でもウシモカが現れるようになって、いつのまにか庭に暮らすようになっていた。


ウシモカは母ミケランが大好きなんだけど、ミケランはだんだんウシモカに冷たくするようになって、戯れてこようとするウシモカの頭を殴るのをなんども見かけた。殴られても、うっとおしがられても、ウシモカは大好きなんだけどね。ミケランにすごく気を使っているのが見ていてわかる。

自分の部屋を占領されても、黙って待つしかない。

ウシモカに冷たいミケランだけど、ある日母としての大きな愛を感じる事件が起きた。
庭に来たノラネコやっくるとケンカしようとしたウシモカ。
やっくるは、のらりくらりしているので自分からケンカをしかけることはないのに、自分のナワバリに現れたのが気に食わなかったらしく、ミケランやマイケルや私が見ているからと調子づいたウシモカは、やっくるめがけておそいかかろうとした時、ミケランがやっくるとウシモカの間にとっさに入った。
やっくるの前に立ち、ウシモカの動きを止めた。
最初、何が起こったのかわからなかった。なんでミケランがやっくるをかばったの?って。
後になって思えば、ケンカしたらこてんぱにやられるだろうウシモカ(やっくるの方が経験も体も上)を助けたのだ。

意地悪で冷たい美女ミケランの大きな愛を知った。

大好きなミケランママと幸せな時間を過ごすウシモカ。
時よ永遠に。

ミケランの家族

ミケランはミケ猫で、男ネコたちに人気があった。
ストーカーやっくるにつけまわされたり、あの偉大なるボスネコマイキーのパートナーでもある。
ミケランがお腹を大きくしていたのを少なくとも3回はある。
その一匹がウシモカだ。
ネコというものは、複数の男ネコと交尾した結果、毛色の違う子ネコたちを同時に産むそうだ。
ミケランは美人で、毛並みも美しいから、恋多き女。

ちょうど一年前くらいに、縁側のネコ箱に家族が集合した。
ウシモカと父マイケルは分かっていたけれど、ウシモカとは全く毛色の違うヤマピーも兄弟だということが判明した。ウシモカもヤマピーも、もう大人ネコのサイズになっているのに、ミケランに甘えておっぱいを飲んでいた。ミケランはこの時もお腹が大きかったから、妊娠していたはず。

ミケランの姿を見かけなくなった今、ミケランの子孫たちがどのくらいいるのかわからないけれど、昨日もそれらしき幼ネコに会った。ウシモカがその子のこと好きみたい。最近、夜になると家の周辺に現れ、ウシモカはその子を見てにゃんにゃん恋しい声をだしている。綺麗な子で目の美しさと強さがミケランゆずり。


工房の窓辺にミケランファミリーが大集合していたこともあったなー。