Category Archives: 2017個展

おひサマー展作品点数

2017-04-21(金)

新作「おひサマー」はTシャツ16枚、手ぬぐい12枚。
ほか定番型染めTシャツなど14枚。バードールは76個。
そしてまだ製作中のスカート4枚。

減速。

2017-04-19(水)

おひサマー展まで2週間をきったので、そろそろ減速モード。
時間がある限り作りたいという気持ちもあるけれど(実際、まだ終わっていない)、展示中は来てくれる人たちにくつろいでもらいたいから、私も心と体に余裕を持って皆さんを迎えたい。

うさぎのコニーはひとやすみ上手で、飛び跳ねてはしゃいでいたかと思えば、次の瞬間床で伸びてお休みしている。楽しむ時は楽しむ、休む時は休むがしっかりできている子。
コニーを見習うんだ。

茜染め

2017-04-18(火)

あの太陽が空を染めた時の朱色。
蛍光色かと思うくらいの赤オレンジ。
その色は茜で表現しました。
インド茜と西洋茜の2種類を使って。

ひかえめな型染め

いつもは型染め中心のデザインだけど、おひサマー展の作品は植物の色のグラデーションを主人公にしたので、型染めはひかえめ。
でも、ついもっと染めたくなっちゃうんだけど、そこをおさえての作品作り。

とことん絞る

2017-04-12(水)

黄色、オレンジ色、ピンク色、水色のグラデーションをつけるために、布を何度も絞る。
絞ってはほどき、また絞り、ほどきの繰り返し。
これで綺麗な空の色が生まれる。

たまねぎ色はつよい

2017-04-06(木)

台所染色の代表といえば、たまねぎの皮でしょう。
少量で濃い染液がとれる。
油断すると他の染料よりもずっと濃く染まってしまい、たまねぎのオレンジ色だけが突出してしまうことも多々あった。

薄めの染料にじっくり浸けて色を染みこませるのが好きだということが最近わかった。
今回の空色Tシャツを染める時、
漢方薬草(黄色)→→→たまねぎ(オレンジ色)→→→茜(ピンク色)→→→藍(水色)
という順番で染めたんだけど、黄色の上にオレンジ色までは良かったけれど、オレンジ色の上に茜や藍の色が入らなくて、途中からオレンジ色に染めたくない場所を全てラップとビニール袋でぐるぐる巻きにした。

巻いては染めてほどき、また巻いては染めてほどきを繰り返し、気がつけば今回の作業は今までで一番手間をかける結果になった。そのぶん、きっと空の美しさが布に表現できたんじゃないかな。

新しい型デザイン

2017-04-04(火)

いつもは型の仕上げは、油性の黒いペンキ「カシュー」で紗を固定させるんだけど、今回はシンナーを使わないですむアクリル樹脂を使った。
型のデザインや彫るのは好きなんだけど、型の紗張りがいつも苦手でね。
シンナー使うから外でやらないといけないし、黒いペンキが手や洋服についたら大変。
と思うと、なかなか新しい型ができなくて。
アクリル樹脂はまだあまり使ったことがないので、どのくらい丈夫なのかわからないけれど、これからはできればこれでいきたいな。

新しい型は、
・コニロデオ with リモーネ
・ウシモカ(ネコ)
・太陽
・月
・星
・サバニ
・羽根
・海藻

新しい型で染めて、水でのりを落とし、染めたものが現れるあの瞬間が楽しみ。
あと4日あとかな。

あと一歩、かな?

2017-04-03(月)

「あと一歩です」と心の中でつぶやきながら、毎日を過ごしている。
「おひサマー展」まで1ヶ月を切って、集中力MAXで作業を進める。

週末は、きぢが料理や片付けをやってくれたので本当に助かった。
ご飯を作ることも食べることも、部屋を掃除することも、洗濯することも、どれも大切。
でも、集中して作品を作っている時、家事をしながらというのはなかなかむずかしかったりする。

人は料理をして、食べて、皿を洗って、そういことだけでも結構な時間を使う。
「人生フルーツ」を見て、一日中、畑や料理をして、おいしいものを産み出し続けている英子さんに憧れる。「家族の健康は料理を作っている私の責任です」って。
食べることは基本だと思うし、生きていく上で大切にしたいことであり、楽しみでもある。最近「不食」(食べない人)が話題になったりして、確かに彼らが言うように「食べないで生きて生きていけたら、経済活動や食事にとられる時間がなくなり、より自由になる」ってのは、なるほどと思うんだけど、私はたぶんそこには行き着かない。

とにかく、今週中にどこまで行き着けるかで、個展直前の仕上げで完成度を高められるかが決まる気がする。作品作り終わって安心して、ほのぼのした気分で「コトリ新聞」やTシャツの名前付けなんかしたいわけなんだよ。あと一歩です。

漢方薬+フクギ

2017-03-29(水)

今回のメインカラー黄色は、こんな植物で染めています。

今、布に染み込ませているところ。このまま一晩おきます。

漢方で使われる黄芩(オウゴン)とか黄檗(オウバク)とか黄蓮(オウレン)とか、名前に「黄」のつく植物は、とっても苦い。そして身体を冷やす。
私は冷え性と思っていたんだけど、実はその逆だったから、身体の熱を冷ますような薬草がいろいろ入っている。

バンシルーで染める

2017-03-28(火)

色はおとなしめのベージュです。