Category Archives: うしモカ

ウシモカ、その後

2017-10-02(月)

ウシモカのケガは、すっかり治り(傷のところはまだハゲているけど)、いつものやんちゃで甘えん坊のウシモカは健在。

先日、「ねこサミット」というイベントに参加した。地域ネコについてのお勉強会。
ねこの生態や行動パターン、野良ねこを巡る地域の問題など、役立つ話をたくさん聞けた。

野良ねこというのは、たいがいご飯をくれる場所をいくつか持っていて、野良ねこ同士のコロニーを作り生活しているらしい。ご飯が足りなくなったりもらえなくなるとコロニーは移動するという。

だけど、ウシモカは日中はほとんどこの庭でゴロゴロしている。
夜中の行動はわからないけれど、朝になるとすでにここにいる。

ちゃんと野良ねこらしく、いろんな場所に顔を出してほしい。
この庭だけをコロニーにしたら心配だよ。

ウシモカ、ケガをする

2017-09-05(火)

庭で暮らすノラネコのウシモカが10日ほど前にケガをした。
朝になると縁側に現れて「ご飯くれー」って催促するのに、その日は姿がなかった。
庭に出てうりずん豆の草むらを覗くと、そこに隠れるようにウシモカが座っている。
声をかけると、いつもの十分の一くらいのか細い声で「ミャー」って返事が返ってきた。
なんかおかしいなと思ってよーく見ると、右脚に血が付いている。
近くに寄ろうとすると「シャー」って威嚇するから、身体を触るなんてできない。
ご飯と水をあげても食べない。痛みで食欲がないんだね。

結局、その日は一日中庭の草むらの奥ふかくで養生していたみたい。

もっと具合が悪くなったら、どうやって捕まえて病院に連れて行けばいいんだろう?とか心配したり、ノラネコの人生の過酷さを感じたり。
今もケガは痛々しいけれど、だいぶ元気になって見守る日々。


いつも縁側から家の中を眺めている


尊敬するマイケル先輩とご飯を食べる幸せな一時


去年(2016)の10月初めて庭で出会った日のウシモカ。まだ顔が幼いね。
目が合うとダッシュして逃げるほどの警戒心はすっかり薄れたこの頃。

ウシモカや他のノラネコたちの平和な毎日を祈ってる。

ネコたちとのかけひき

2017-02-18(土)

最近、ついネコの話題になってしまうが、グスクが昨年の4月にいなくなってからしばらく「鳥たちの庭」になっていたのだが、半年くらい前からまた「ネコたちの庭」になりつつある。

子猫(推定生後半年)のうしモカの登場で、またネコたちとの距離がぐっと縮まった。
大人ネコのマイケルやミケランは、時々現れては庭でご飯を食べたり、昼寝をして、割とすぐまたどこか違う場所に移動するんだけど、うしモカはこの安全で平和な庭がお気に入りのようで、グスクのように最近では常駐している。

ご飯を時々あげるのはいいのだけど、ノラ猫という関係なので、ある程度自立してもらわないとこの先が不安。家を長く留守にすることもあるし、いつ引っ越しするかもわからないのだから。

うしモカにはいつも「あんたね、狩りをしないといけないし、他にごはんをもらえるところをいくつか作っておかないと、私は心配だよ」って言い聞かせている。

で、数日前、いくら「ニャー、ニャー」言っても、ごはんを要求されてもあげないことにした。そしたら、諦めて狩りに出たり、外に遠征に行くと思ったから。
だけど、この日はマイケルやミケラン(うしモカの母)まで庭にずっといすわって、一日中寝ているの。「今日はごはんはないんだから」って心を鬼にして、でもチラチラと庭のネコたちの様子を見てたけど、出て行こうとしない。自分がおなかがすいてごはんを食べるたびに「私だけ食べて」と申し訳なくなったり。

夜ごはんにアジの干物をきぢと食べた。アジの骨と頭を持って庭に出ると3匹はまだいて、喜んでそれを食べた。少ししかあげてないけれど、マイケルもミケランもすぐに庭を出て行った。まるで根くらべしていたみたい。

で、問題のうしモカはどうかっていうと、急に元気になって「狩り」を始めたんだ。草の中に飛び込んで、何かを捕まえて、転がして食べている。たぶんとかげかな。
「ほら、僕はごはんをもらっても、ちゃんと狩りだってできるんだから心配しないでよ」と言わんばかりに。ネコたちには、私の心のなかはお見通しかもね。
ああまた心の距離が縮まってしまったじゃないか。